彼誰時サイダー

平凡な私(=杢保ハナエ)の生活記録の垂れ流し 大問3の物語文で出てくるようなキラキラした人生か、 もしくは大問4で出てくるような論説文を書く権威のある人間に憧れてはいるがなりたいとは思わない

0リアクション

2014年9月21日

今日はこの前受けてきた模試の結果が返ってきた。数理社お察しなのは知ってたけど英語が予想以上に良くてビビった 第一志望の高校は合格圏には入ってるけどまだまだ安心はできないらしい…受験怖い
数学の結果を見せてこれを持って都立共通志望クラスに戻ろうと思ってたのに英語のせいで残留決定してしまった! 嬉しいんだか嬉しくないんだかわからない
というかそもそも今日塾に行ったのは社会のテストを受けるからであったが余りにもひどく閉口ものだったためここでは多くは語りたくない
なぜ私は数学が苦手なのだろう 公式を暗記していない?違う、肝心なところで計算ミスをする?違う…私には「ここに補助線を引く」やら「敢えてこの項をまとめてしまう」やらといった『発想』それそのものが出てこないのだ 絵を描く道具は揃っている、十分な画力もある、それでも魅力的な絵柄と斬新な構図がなければ人に見初められることはない どんなに技術を補ったとしても最後に決め手となるのは天性の勘であり感でしかないのだろうか
否、凡人でも天才の真似をすることはできる 天才の考えるありとあらゆるパターンをそれそのまま暗記すればいいのだ 発想を導けないのならその結果として出てきたものをパターン化・カテゴライズして貯めておけばいい 例えば因数分解の公式や、三平方の定理と同じように 繰り出される問題の形式を掴み、その解法を作り出すのではなく引き出しから取り出せば良いのだ ある程度のストックがたまってきたなら、それらを組み合わせて少しずつではあれども難解な問題に立ち向かうことも十分に可能である
と いうことは、私には余りにも経験が不足しているのだ もっと床上手にならなければ。
社会のテストは18時から始まり、その日は少し早く友達と帰った 帰りにコンビニに寄って、ビックリマンチョコを2つ買った 友達はビックリマンチョコのシールを2枚とも私にくれた 4枚中かぶっていたのは1枚だけだった これは幸先がいい(何に対してかはわからないけれども。)

今日の夕ごはんは父が一から作ったチキンカツレツ・ハンバーグ・チキンライスとかつおのたたきだった 私の父はもと料理人である 確かフランス料理だと言っていた 父の作る料理はとても美味い チキンカツレツはもちろんだが、タルタルソースの中に玉ねぎがたっぷり入っていてとても嬉しかった わたしは玉ねぎとナスとタラの芽が大好きである。

明日はアウトレットに行って修学旅行用の新しい下着や部屋着を買う予定である

登録カテゴリ: blog

0リアクション

2014年9月14日

今日は朝から模擬試験を受けてきた 朝八時に集合だったのに起きたのは七時半だった ヤバイヤバイと思いつつもバナナ一本と麦茶一杯しっかり摂取した このままでは絶対に間に合わない!!!!ってところまで時間が経過したので父にバイクで送迎していただいた 久しぶりに乗るバイクはやっぱりいい 
車と違ってスピード感が伝わってくる ぶっ飛ばしてると口や鼻の穴に名前もわからない羽虫が入ってくるところとかがいい
模擬試験自体はいつもと変わらない感じだった リード科目の国英はなかなか理社は暗記してないからズタボロ数学は全然ダメ わたしのいた教室のメンツが緊張感の欠片もないいかにもな奴らばっかりだった ちょっかいかけられなかったからまあ良し(内心超怖かった)
結果返却は五日後らしい…ガクブル…
今日は模擬の後は家に帰って勉強しよ~~とか思ってたけど昼飯を外で食べて本屋で自己啓発本とか付箋見てたらあっという間に四時前になってしまっていた 家に帰る前にコンビニに寄ってビックリマンチョコを一つ買った サタンマリアが出てきた
そのあとは昨日から叔母一家が来ていたので庭でバーベキューをした 牛肉や玉ねぎをたくさん食べた 要するに今日は一切自主勉をしていない

明日は丸々ぐうたらして、十時頃に起きて絵でも描いて、文章ポチポチしてネット徘徊して、っていう去年と何も変わらないような無益な一日を過ごそうと思っていたのに これでは明日を返上して勉強するしかない…

どうでもいいけど金欠だから外に遊びにいくっていう選択肢は存在しない

とりあえず英語の過去問と、社会の一問一答だけでも終わらせないといけない。

ゴングなんてじっくり読み込んで感銘を受けている場合ではない

登録カテゴリ: blog